・「北関東支局長からの報告」



去る1998年10月。Nifty-Serveのカラオケフォーラムの「高崎オフ」が行われました。以下はその時に私が「北関東支局長兼特派員」だぁサンに渡した飲み物のレポートです。
今回、この6種類の飲み物をレポートしていただきます。まずは私の説明から(【】内にある()内は製造者もしくは販売者の名称。株式会社、有限会社等の表記は省略)。


【瞬間冷水(カネボウフーズ)】…結構そこらへんのコンビニで売られている品です。飲んだ瞬間にヒンヤリした感じが楽しめると言うのがウリ。一時期何社かで似た様な品が出ていました。
【これおいも?!瓶(宮崎県経済農業協同組合連合会)】九州は宮崎県で生産されている有色甘薯(九州農業試験場で育種開発された色の濃いサツマイモ)を使用した健康飲料。リンゴ果汁、レモン果汁を配合したカロチンタイプとりんご果汁、日向夏みかん果汁を配合したアントシアンタイプ(甘薯に含まれる成分で健康維持に優れているらしい・紫色)があり、今回はカロチンタイプを試していただきました。
【これおいも?!缶(宮崎県農協果汁)】上と同じジュースの缶バージョン。なぜか同じ名前で販売は別。後になってわかったのだが今回のこの缶と瓶の中身は実は一緒らしい(^^;。
【ミルキッシュ(南日本酪農協同)】…今回唯一のアルコール飲料。コーヒータイプの他にブランデータイプがあります。ちなみにこの飲み物、一部「通」(?)の間でおなじみのあの乳酸菌飲料「愛のスコール」を作っている会社の商品です(^^;。
【馬路村公認飲料・ごっくん馬路村(馬路村農業協同組合)】高知県安芸郡馬路村の村おこしとして製造されている、村特産のゆずを使った飲み物。「日本の101村展」の優秀賞受賞だそうです。
【醇黒豆漿(製造元不明・輸入物)】…スイマセン。飲んだ事のないブツなんです(核爆)。


とまぁ説明はこの辺で…北関東支局特設スタジオのだぁサンどうぞ(*^-^)/。

【瞬間冷水】
これは、既に体験済でした。
お菓子で、ひんやり感のあるキャンディって、ありますよね。
あれの「水物」バージョンとでも言うんでしょうか。
で、実はコレ、だぁさん的には結構好きで、
割とよく飲んでました。(笑)
【これ!おいも?(瓶)】
え〜と、このレポートを書く前に、空き瓶および空き缶を紛失してしまったので、商品名は微妙に違ってるかもです。(^^;
で、普通のニンジン系なら経験済なので、そこに「おいも」がどうカラんで来るのかがポイントでした。
で、味自体は、割と普通のニンジン系と、さほど変わらないかな、と。
ただ、味はともかく、舌ざわりが……。(TーT)
なんなんでしょう、あの、まとわりつくような……。(^◇^;
(↑だから、「おいも」なんでしょうけど……。)
【milkish】
「酒」だと思って飲むと、かなりショックかも知れません。(笑)全然、酒の味せ〜へんし。
が、ミルク系飲料なんだな、と思ってしまえば、結構飲めちゃいます。確かに、あの甘ったるさは、かなりキてますが、だぁさん、割とお気に入り。(笑)
でも、一度にたくさんはムリ。(^^;
【ごっくん馬路村】
材料が、ゆずとハチミツ。はちみつレモンみたいなもんか?と思いましたが、う〜ん、ミカンの皮あじ?(笑)
まぁ、ゆず自体が個性強いし……。
【これ!おいも?(缶)】
味は、瓶とほぼ同じでしたが、 何故か、瓶よりもアッサリしていました……。(^^;
なんだったんでしょう、あの、まとわりつくような……。
……謎です……。
【醇黒豆漿】
やっぱり最後まで残りました。(^^;
はい、日本語が少ないと、すご〜く不安になれます。(笑)
初め、字面だけ見て、「つぶつぶ入り冷やし納豆汁」みたいなモノを思い浮かべてしまいました。(^◇^;
なので、しばらくほっといたのですが、(笑)がんばろう!(笑)と、あらためて、よ〜く見てみると、材料が、黒豆、砂糖、水ときて、立った予測が「maxコーヒー」のミルク抜き。(爆)
 (高校の時、maxコーヒーのことを「あずきの煮汁」と呼んでました)
で、飲んでみたら……、当たらずとも遠からず、なんだな、これが。(^◇^;
てことで、なんとか飲めました。でも、自らすすんで飲みたいとは思いません、さすがに。

けっこうおいしい:2 ちょっとまぢゅい:4
と、まぁ、このような結果となりました。
全体的な感想としては、とりあえず……、 冷えた「缶入り豚汁」よりは飲めるかな、たぶん。(笑)
ということです。現場からは以上ですぅ。では、スタジオにお返ししま〜す。(笑)



…はい、ありがとうございました(^^)
では引き続きえすきちのレポートをお届けします。


レポート欄トップメニューへ戻る


食べ物・飲み物館トップメニューへ戻る