・「チェリオたずねて三千里」



「チェリオ」 (東京都内某所の菓子屋で購入・110円)。

その昔瓶ジュースと言えば「お米屋サンの『プラッシー』」、明治『スカット』、『チェリオ』だったと思ってます。いつの間にかお米屋さんからプラッシーは消え、明治スカットも消え、最近ではチェリオしか見られなくなってしまったような気がするのですがいかがでしょう?
東京都板橋区某所。某工業高校の脇にある菓子屋にはまだ現役で働いているチェリオの瓶入り自動販売機があります。そしてそこでは昔ながらのオレンジ、グレープ、メロンの三種類が売られています。昔と違ってキャップがスクリュー式になってしまっているのはちょっと残念ですが、昔懐かしい雰囲気を伝えるには十分の佇まいを見せています。ウダウダ言うよりも画像を見ていただきましょう。


菓子屋の前に佇む販売機。


チェリオ3種類を並べてみました。ちなみに左の缶はドクターペッパー25周年記念缶。



おまけ・最近数が減りつつあるメッコールの販売機。

レポート欄トップメニューへ戻る


食べ物・飲み物館トップメニューへ戻る