・「東京爆弾亭創立記念オフその2」
(もんじゃ編)


東京爆弾亭創立記念オフはここからが本番。月島でもんじゃ焼きを食べます。ここのお店「ムーの子孫」は個性的な「グルメもんじゃ(9種類)」「ライスもんじゃ(3種類)」「デザートもんじゃ(5種類)」「カリフォルニアテリヤキチキン(1種類)」と、オーソドックスな「クラシックもんじゃ(4種類)」「麺類(3種類)」「お好み焼き(5種類)」と、計30種類の焼きモノが選べるお店です。今回は「ライス〜」と「カリフォルニア〜」以外が食べ放題になる食べ放題を選択しました(ここまでの経緯をまだ見ていない方はこちらへ)。

と言うわけで新橋から場所を移し我々は有楽町で地下鉄に乗り換え月島にやってきました。
そして目指すのはもんじゃレストラン「ムーの子孫」。ここは正統派とはちょっと違ったオリジナルなもんじゃがあるのがウリ。そしてえすきちの目的は皆様に「デザートもんじゃ」を食べていただく事。ここで一行は煎茶さんと合流し5人で店に入って行きました。
2つの鉄板付きテーブルに陣取りだぁさん&煎茶さんのグループと私&ほげ〜さんのグループに分かれ、そして二つのテーブルの間にりんろんさんが座る格好になりました。まず最初に注文したのはえすきち組が「マーボー豆腐」。だぁさん組が「スパイシーカラマリ」。「マーボー〜」は程よい辛さとその中の微妙な豆腐&野菜の甘さがえすきちのお気に入り。「スパイシ〜」は…私食べてないんですわ(^^;。ピリカラソースの乗ったイカと野菜のもんじゃのように見えたけど…。写真はえすきち組が最初に作ったマーボーもんじゃ。
「スパイシー〜」の次に「マーボー〜」をこなした後だぁさん組のテーブルで「チャイニーズもんじゃ」を作る煎茶さん。なんか凄い手際良くサクサク作って行くので私とほげ〜さんは横で見とれてしまいました(^^;。チャイニーズはなんとなく中華丼風な味。
こちらはえすきち組。「マーボー〜」の後「タイ風カレー」(カレー味。ちょっと辛いかも)、「韓国風」(ピリカラキムチの入ったもんじゃ。けど他が辛くないので全体で見るとあまり辛くない)を食べ、その後「すき焼きもんじゃ」を焼くの図。しらたきとかうどんが入ってて甘口。ハッキリ言って『ゴハンが欲しい!』と思う。ここらへんまではオカズとして通用しそうだ(^^;。
こちらはだぁさん組。チャイニーズの後お好み焼きのブタ玉に入る。手際良くパッパと焼くだぁさん組。ソースをかけて一口もらったら…ムチャクチャウマいでやんの(T_T)。
煎茶さん、材料の入ったコップの中に余っていたお好み焼きの素でミニお好み焼きを作るの図。具は…無い(^^;。ヘラの大きさを見ればその小ささはわかっていただけると思うのだが…そういえば結局コレ誰が処理したの?(^^;
こちらはえすきち組。隣がお好み焼きでブタ玉を作ったのに対抗してこちらは「クラシックもんじゃ・ぶた」を注文。えすきちが作るトコロをほげ〜サンに撮影してもらいました(^^;。何もかけないで食べると「ナンジャコレ?」になっちゃいます(^^;。味がついてないのに何もかけずにモソモソと食べてたえすきち&ほげ〜さんでした(^^;。

そしてえすきち組に続きだぁさん組も「クラシックもんじゃ・カレー」を注文することにしました。そして注文したら…ちょっとした問題が発生したのです。それは続きで…。
・続き(画像が多く長文のため重いです)
・レポートメニューへ戻る