・「簡易型きつねうどん(関東風)ver.3.0」レシピ



先日あるHPの主様より花見に招待されまして、その席で東爆はこのような品を用意しました。
名付けて「簡易型きつねうどん(関東風)ver.3.0」…一言でまとめれば「うどんいなり」(^^;。
ここでは、一部からのリクエストにお応えしてレシピを公開しちゃいますぅ〜〜〜!

だいたい15〜6コ分です。
材料…油揚げ(いなり寿司用に最初から袋状になっている「いなりあげ」を使うと楽)
うどん(今回使用したのは富田乾麺工場株式会社の「金刀比羅太うどん」280グラム入)
野菜(本来なら万能ネギだが、えすきちは無類のネギ嫌いなので今回は菠薐草を使用)
だし(今回使用したのは味の素「ほんだし」スティックタイプ)
めんつゆ(市販のモノでも、自作でも…)
醤油、砂糖
まず最初に油揚げを沸騰したお湯に入れて油抜きをします。
4〜5分煮ればOK。あと油揚げは浮くので時々菜箸で押して沈めましょう。
油抜きをしている間にだし汁を作ります。スティック一つにお湯400mlくらいです。よく混ぜてだし汁ができたら別の鍋に入れて沸騰させておきます。沸騰しただし汁には砂糖大さじ5を加えます。
油抜きの済んだ油揚げをだし汁の入った鍋に移します。そして落とし蓋(ここではやってないけど(^^;)をして4〜5分煮て…
醤油を加えます。大さじ3〜4くらいが妥当かな。そして火を弱めて中火で10分くらい煮て…煮詰めたらさましておきましょう。で、いなり揚げはできあがり(^-^)/。
そしてこの間にうどんを作ります。難しい事はありません。袋の裏にある説明書き通りに作ればいいだけです。だいたい3分の2くらい(180〜200g)あれば16コ分。
茹で上がったうどんはザルに移して…
よぉ〜く水洗いして水気を切っておきます。この水洗いを怠るとムチャクチャマズくなります(^^;。
水気を切ったうどんを今度はめんつゆにくぐらせます。
この段階でネギ(ここでは菠薐草だけど)を混ぜ合わせます。
そしてもう一度ザルに戻して置いておきます。
さめたいなり揚げを鍋から上げて手で軽く絞ります。絞り方によっては煮汁がピュっと飛ぶので気をつけましょう。
絞った揚げを開き用意したうどんを入れます。
うどんをいれた状態のいなりを切ってみました。ちょっと無理があったな…(^^;。
で、皿に移してできあがり(^-^)/。

いかがでしたか?今回この「簡易型きつねうどん」はなかなか好評でした。暇な時にでもお試し下さい。ただ大量に食べても腹持ちしないと言う欠点があるので作る半分は普通のいなり寿司にした方がいいでしょう(^^;。ここで作る油揚げに寿司飯を入れればいなり寿司になります(^^)。
レポートメニューへ戻る